1. トップページ
  2. 尚和会について - 会長挨拶

尚和会について - 会長挨拶

会長就任のご挨拶

尚和会会長 後藤 保二
(全日制23期)

01.jpg

 この度、大畠前会長ご勇退の後を受けて尚和会会長に就任いたしました、全日制23期の後藤保二でございます。 どうぞよろしくお願いいたします。
 私が尚和会会長という重責をお引き受けしましたのは、今日の私があるのは母校桜塚高校のお陰であり、少しでもそのご恩返しをしたいと思ったからです。
 大学4年の時、教職を目指して大阪府立高校の教員採用試験を受けましたが、力不足のため不合格。就職浪人を覚悟していたとき、母校から国語科の非常勤講師のお誘いを頂きました。当時の国語科には、私が2、3年の2年間担任をして頂いた井上まさ先生を始め、井須隆一郎先生、佐藤宏明先生、倉田順雄先生、野曽原斌先生、校内理事の山本孟先生などの諸先生方がいらっしゃって、大学を出たての未熟な私を温かく指導してくださいました。講師を2年間務めた後教員採用試験になんとか合格できたのも、先生方のご指導のお陰です。そうしてそのまま母校の国語科教諭として着任したのが昭和52年、創立40周年の年でした。私も校内理事に加えて頂いたのが、尚和会活動とのご縁の始まりでした。担任として33期と40期を担当し、クラブ顧問は私が高校在学中に所属していた落語研究会とラグビー部の顧問を担当し、生徒自治会顧問として体育祭や文化祭の運営にも当たりました。母校では11年間勤務し、創立50周年の翌年他校に異動しました。そうして今年3月末、府立高校を退職いたしました。
 これからは尚和会会長として同窓会と母校の益々の発展に、微力ではございますが全力を尽くす所存です。そのためにも同窓生の皆様方のお力添えを是非お願い申し上げまして、会長就任のご挨拶といたします。